住宅診断を行うと、劣化が進行しすぎて塗装では対応できない場合もあり、塗装以外の知識や技術が必要となります。腐食や破損している箇所を修繕せず、上から塗装してしまうと原因が解消されないので、また同じ箇所が腐食してくる場合もあります。その後に同じ箇所を修繕工事すると二重に工事費がかかり、割高になる場合もあります。

“塗装” “屋根板金” “大工”の3つの視点から修繕方法をご提案します。

家の現状やご予算に合わせて、施工方法を比較検討していただくことができます。